梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

PR:sponsored by ティシビィジャパン

梅雨ってジメジメして嫌ですよね。
そんなジメジメした夜、お布団の上に横になっていると・・・ムズムズムズムズ・・・

 
身体がムズ痒い!!
 

なんて事、ありませんか?
もはや梅雨の時期あるあるですよね。

そんな梅雨あるあるでもある寝室での体のムズ痒さ。

お察しの通り、これはダニが原因であると考えられます。
ダニだけでなく、チャタテムシや、カビに原因があったりもします。

今回の記事ではこれらの梅雨の嫌なムズ痒さをどうやってケアするか。

その対策方法を紹介していきたいと思います!



布団だけじゃない!原因からしっかりダニ対策!

先ず、何故梅雨の時期にダニが大量発生するのかというと、それは湿度と気温が大きく関係してきます。
室内に多く生息する「チリダニ」は温度20~30℃、湿度60~80%という高温多湿を好むので、とくに梅雨の時期に多く繁殖する恐れがあります。

しかも、その時期はヒトも汗を多くかきますよね?
チリダニは、ヒトの汗1グラムで約300匹のダニが生息できると言われています。

これ本当にヤバイですよね・・・。

しかし、そのために気を付けないといけないのは、実は布団だけではありません!

寝室のクローゼットや本棚などにもダニを繁殖させる原因があるのです!

『クローゼットや本棚に溜まるホコリやカビに群がるダニ達』

梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

本棚やクローゼットの隅にホコリは溜まってませんか?
そのホコリの中身を見てみるとぉ・・・ホコリ1g当たりに数百匹のチャタテムシや、コナヒョウヒダニが検出される事もあるそうです。

ホコリたった1gから、合計700匹から800匹のダニなどが検出される事もあります。

そんなダニ達は、布団などに住処を移し、ジメジメとした時期特有の汗や、髪の毛など栄養源を存分に摂りつつ生活をしていくのです。

もう、それを聞いただけでも最悪ですよね・・・。
寝室に物を置けば、その隅にホコリが溜まり、ダニは大喜びしてしまいます。

そして梅雨の時期の湿気と気温で4週間もあれば100倍以上に増殖する事もあります!

こういった嫌な嫌なダニは、しっかり退治するために対策を色々としないとですよね?

早急にダニ対策をするなら念入りの掃除

梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

本棚の場合

本棚には、もちろん本が入ってますよね?
その本にもダニなどを発生させる原因があります。

それが本についた茶色いシミはカビが原因になるのです!

そういった怪しい本は外に出してハケなどで十分払ったり、一日陰干ししておくなどの対策が必要になります。

予防法としては、本棚にしまった本は上部にホコリがたまりやすいので、ブラシ式のノズルをつけた掃除機でしっかり吸い取ったり、本棚自体もこまめに掃除する習慣をつけるしかないですね!

それもまたなかなか時間がない日常の中では難しい事ですよね・・・。

そしてお次は布団です。

お布団の場合

湿気やすく、ダニが大量発生しがちです。
こまめに天日干しを心がけたいのですが、梅雨の時期に天日干しなんて、そんな無茶な話ないですよね?

お布団には汗や髪の毛など栄養源がたっぷりあり、潜みやすいです。

お布団は本当にダニが好む場所の代表格。
ひと晩じゅう顔や体が触れるので、ダニが大喜びするダニにとって快適な場所なんです!

梅雨の時期の天日干しはほぼ無理なので、せめてアレルギーの元となるダニの死骸を掃除機で残さず吸い取ることが必要になります。

しかし、どんなに性能が良い掃除機を使ったところで、100%残さず吸い取るのはほぼ不可能です。
布団の奥の方に絡まった死骸があるのもそうですし、専用の掃除機を使用しても、専用の掃除機は稼働時間が短いので、充電して、掃除して・・・とやっている間にもダニの世界は変わっていきます。

予防方法としては朝起きたら布団はすぐにしまわず、イスなどにかけ、湿気を飛ばしてから押し入れに入れる。
梅雨の時期が過ぎれば、定期的な天日干しも習慣にし、シーツや枕カバーをこまめに洗濯することも大切です。

ベッドの場合

梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

綿ボコリはダニの住処になり、寝具にカビがつくこともあるので、しっかりした対策が必要です。

空気がよどむとさらに増殖することになるので、ベッドの下にはものを置かず、通気性を確保する事が重要です!

ベッドの下はどうしても油断しがちですが、きちんとしないと、ダニが忍び寄ってきます・・・。

なのでベッドを動かし、壁際にたまったホコリも残さず掃除機で吸い取ります。
ベッドマットやベッドの底板についたカビは、布+消毒用エタノールで押さえるようにして殺菌するのが良いと思います。

予防法としては、ベッドの下は収納ボックスなどを置かず、掃除がしやすい環境にすること。
北向きの寝室では、ベッドの壁側がカビやすくなるので、ベッドマットの位置を定期的に変えるといいですね。

ベッドマットの位置を変えるのとか、正直面倒くさいんですけど、ダニの事を考えると致し方ないですよね。

けど実際にダニを何とかしたいならどうしたらいいの????

梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

ここまではダニを何とかするための、理想的な解決方法をお伝えしてきました。
理想的とは言えど、そんなに小まめに掃除をするのは無理だし、本当に面倒くさいですよね。

なので、これからの対処法は正直に言うと

 
現実的じゃない
 

と言えると思います。
では実際にダニを何とかしたい場合、どうしたら良いのか。

梅雨の時期のダニの事を考えると、本当に毎日掃除をしないとダメなんじゃないか・・・というくらい面倒です。

そういった面倒を行わず、ダニを何とかしたい!!

そう考えるのが当たり前だし、人間らしい思考だと思います。

だからこそ、今多くの人に選ばれているダニ対策方があるのです。

それが、『ダニ捕りロボ』という商品なんです。

梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

ダニ捕りロボは、お布団のマットの下などに置くだけで、ダニを誘引し、ダニを乾燥させ退治してくれるという商品なんです。

この技術は日本とアメリカで特許が取れているもので、一度置けば3ヶ月間も有効なので本当に楽です!

数千円のお金はかかりますが、毎日部屋を掃除するような綺麗事は現実的にはなかなか出来ません。

なので数千円でその手間を省けると思えば安いものだと思います。

今はこういったダニ対策商品もあるので、本当に便利な世の中になりました(笑)

ダニ捕りロボの事はこちらの記事で紹介しているので、参考にしてみてくださいね♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダニダニホイホイ
1970.01.01
ダニダニホイホイ
https://danidanihoihoi.com/pr/smpost-36/
ダニに刺されに困ったら!ダニ捕りロボの世界とは

ダニ対策は綺麗事では出来ない!現実的に最良の手段を選ぶ事が重要!

梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

小さい小さいダニは、人にとってアレルギーを引き起こしたり、刺されれば痒みを引き起こしたりと、有害です。

そんなダニ対策、自分一人だったらまだ深刻には考えないかもしれませんが、お子さんがアレルギーを引き起こしたとか、痒くて耐えられない・・・咳き込んでしまっている・・・となると、ダニ対策を真剣に考えざるおえないですよね。

しかし現代日本は、皆さん忙しく働いている。

そんな中、満足なダニ対策なんて出来るわけがないんです。

だからこそ、置いておくだけでダニを退治出来る方法が流行っているんですね。

時代と共に変わる生活の流れ。

その流れに合わせた現実的な対策をしていきましょう。
それが今一番のダニ対策方です。
 
 
ダニ捕りロボ公式ページはこちらから

 
【ダニ関連記事】

ダニ捕りロボは効果なし?布団やベッドに使ってみた使い方や口コミなど徹底紹介!

ダニアレルギーの原因から対策を知ろう!布団の中に潜むダニで咳やニキビも!?

日革研究所のダニ捕りロボは効果ない?ブログや口コミで人気のダニ捕りロボの真実

お布団やベッドのダニ被害にお悩みのあなたへ

ダニ対策で悩んでない?天日干しや掃除機で解決し切れないダニ対策には今人気のこれ!

寝室で身体が痒い!鼻水や咳が出る!それってダニアレルギーかも!ダニアレルギーで悩む人にオススメの〇〇を紹介

 
 
 
 
 
 
 
会社概要

個人情報保護方針

特定商取引法

 
 
-sponsored by 有限会社ティシビィジャパン-

 
 
運営者情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です